フィリピン留学・セブ島留学をすべき理由!

今日、楽天、ユニクロ、日産などの社内英語公用語を推奨しているビジネスの世界を中心に、英会話力の高さが重視されるようになってきました。

そのためもあってか、社会人であってもうまく休暇などを利用して思い切って留学する方も増えてきました。

そこで英語留学に注目してみますと、現在急激にこの日本人の英語留学に大きな変化が見られるようになってきました。


それがフィリピン留学!

これを聞くと「どうしてフィリピン?」っと思われる方も多いかもしれません。

フィリピン留学、そして中でもリゾート地であるセブ島への留学が急激に増えている背景にはどんな理由があるのでしょうか。

今や大学生や社会人だけでなく、東京オリンピックの影響などもあり中高年、または退職されたシニア世代の方たちのフィリピン留学も増えているんですよ。


フィリピン人は英語が喋れる!
そもそもフィリピンで話されている言語がパッとすぐに英語に結びつく方は、それほど多くないのではないでしょうか。
実はフィリピンには公用語とされている言語が2つあり、ひとつがフィリピン語(タガログ語)、そしてもう一つが英語なのです。

フィリピンは歴史の中でアメリカの植民地時代も経験していますので、非常にアメリカ英語に近いなまりやアクセントの英語を話すとイメージするとよいでしょう。

そのため英語を学ぶならやはりネイティブのいる欧米諸国やオーストラリア、などでという考えはだんだんと薄れつつあるんですよ。

そして英語留学にフィリピンが選ばれる最大の理由、それは留学にかかる費用にあるかもしれません。
フィリピンは日本と比べてもぐんと物価の安い国ですから、それは留学費用にも大きく影響してくるのです。

この価格に関してはもちろんどの語学学校を選ぶか、どんな宿泊施設を選ぶかなどなど、様々な要因によって大きく異なってくるため明確ではありませんが、イメージとしては世間一般的に欧米諸国への短期留学でかかる費用でフィリピンでは1年間留学できる感覚です。

そして留学するにはある程度の生活費も必要となってきますが、フィリピンの物価は日本の3分の1程度と言われていますので、経験者によると月2~5万円程度で生活できてしまうようです。
中にはしっかり節約して1万円かからないなんてこともあるそうですよ。


またフィリピンでの英語留学は基本的にマンツーマンレッスンです。
日本国内でもそうですが、欧米諸国へ留学してさらにマンツーマンレッスンを受けるなんて普通では考えられないですよね。
しかしフィリピンではもともとの設定料金がすでにマンツーマンレッスンであることを前提に提示されていることが多く、かなり集中したレッスンを受けることができるため、1週間という短い期間で留学される方も少なくないのです。


さらにそんなフィリピン留学で特にチェックしておきたいのがセブ島留学。
セブ島はフィリピンの中部に縦に細長く存在する島で、世界有数のリゾート地とも言われている場所なのです。
このセブ島が留学先として選ばれる理由にはたくさんありますが、中でも注目すべきが次の3つでしょう。

まずは先ほどの「リゾート地」であるということ。
フィリピンに英語の勉強にいくことは確かですが、やはり現地を楽しんでこそ本当の意味で留学するということではないでしょうか。

欧米諸国だったら物価の問題からそう娯楽に時間やお金を費やすことはできないかもしれません。
しかし物価の安いフィリピンなら勉強と娯楽を両立させ、特にセブ島のようなリゾート地ならダイビングやゴルフでリフレッシュされる方も多いようですよ。

そして2つ目の理由として挙げられるのが治安がよいということ。
フィリピンは残念ながら決して治安がよい国とは言えません。
しかしセブ島はフィリピンを代表するリゾート地、観光地であるためそれなりの整備や警備もしっかりしているというわけです。

そしてこのことが3つ目の理由にもつながります。
3つ目は日本人にとって住みやすい街であるということ。
つまり観光地としてにぎわうセブ島ですから、環境整備、また日本食の販売なども積極的で食材などの調達もそれほど困難ではないというわけなのです。

このようにフィリピン留学やセブ島留学のメリットを挙げればきりがありません。
同じアジアの国ということもあり渡航も比較的楽で、またこのフィリピン留学を欧米やオーストラリアなどネイティブ国への留学の懸け橋としている人も少なくないんですよ。
フィリピンでマンツーマンの集中レッスンを受けておくのも悪くないですよね。