セブ島留学で韓国人経営は日本人経営と比較してどうなの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島への留学を考えている方は、その語学学校が、誰によって経営されているかというのも、一つのポイントとなります。
セブ島の語学学校の運営者を見てみると、9割以上が韓国人経営者!

なぜこれほどまでに多いのかというと、日本以上にフィリピンでの語学学校が盛んで、日本と同様の考えでコストの安いフィリピンで英語を勉強する文化が根づいています。

韓国人向けの語学学校となっていますが、日本人でも受講することが可能!
ただ、連絡事項がハングル文字があったり、掲示板に韓国語が掲載されているケースもあり、日本人にとって、日々の暮らしがややデメリットとなる部分があるのも事実です。

韓国人経営による語学学校の日本人受け入れ態勢とは?

近年は反日の傾向が強まり、日本人に対して、蔑視している風潮があると思われていますが、決してそんなことはありません。
日本人を受け入れる体制もできていますし、日本人と韓国人が両方在籍している、韓国人経営の語学学校も多数存在します。

韓国人や日本人として分けて考えているわけではなく、アジア全体のグローバル化ということを意識している経営者が多いので、日本人でも快く受け入れてくれるところが多いのが現実です。

ただ、食事など衣食住は、韓国人よりの生活がメインとなって構成されています。
それでも基本的に日本人と韓国人は、人間関係や礼儀が歴史的に似ているので、互いを尊重して生活するというスタイルが根づいているため、大きな違和感はないはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

トップに戻る