セブ島観光に必要な基本情報とフィリピンセブ島留学生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリピンのみならず東南アジア全体で考えても、人気の高い観光地であるセブ島。
「セブ島はどんなところ?」なんて思う人のために、ざっくりと基本情報をまとめてみました。

セブ島は、日本から約4時間で到着するかなり近い場所です。
フィリピンはフィリピン語が公用語ですが、共通語として英語が使えますので言語については問題ないでしょう。
英語堪能な人が多くて、実は日本人よりも英語を話す人は多い国です。
フィリピンの中では治安が良い場所で、ホテルなどには警備員が常駐していますし、夜間外出などをしなければ特に危険はありません。

問題となるのは、そんなことよりも日本から持っていった電化製品は変圧器が無いと使えないということ。
これを忘れてしまうとドライヤーとか電動歯ブラシなんか持っていっても無駄な荷物となってしまいますので注意が必要です。
また、パスポートの残り期間も注意。
残存期間が6ヶ月以下の場合は入国出来ないので、この部分は絶対に忘れてはいけません。

問題となるのはそれぐらいで、基本的に安全に日本とは違う非日常を楽しめる良い観光地です。

なお、現在はフィリピンセブ島には多数の語学学校があり、語学留学生が大勢いますよ。セブ島は今はセブ島留学といわれるほど大きな市場になっているようですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

トップに戻る