フィリピン留学は地方都市の学校が安くなっている

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリピン留学の費用で、とても大きな部分を占めるのが学費ですが、留学費用を大幅削減していくには学費が安い学校を選ぶことが大事です。

そこでまず注目したいのはフィリピン国内の地域による学費の違いで、日本でも東京と地方都市では学費や物価が違うようにフィリピンでの地域ごとの違いがあり、

フィリピンで英語学校の学費がとても高いのはマニラやセブですが、これらを選ぶと留学費用がとても高くなります。

これに対して留学地域をダバオやバコロド等と智負た地方都市にしてみればおなじようなカリキュラムで学費が2割ぐらい安くなってきます。

そして学費を下げていく方法でもう一つは、一人部屋ではなく多人数部屋にしてみることで、一人部屋よりも2人部屋のほうが安くなってきます。

ですが、多人数部屋になれば常に部屋の中に誰かがいますから、落ち着いて勉強していくことができず、学習環境は1人部屋のほうがとても優れているといえるでしょう。

クレジットカードの海外保険のことで

フィリピンに留学するときに比較的おおきな費用の項目は海外保険で、これの費用を一番節約していく方法は、海外保険に入らないことで、そのぶん怪我などしないように自分で注意しましょう。

ですがやはり不安で海外保険い入っておきたいといった方も増えていますが、まずフィリピンでの滞在期間が90日以内ならクレジットカードの付帯保険を利用できて、クレジットカードはサービスの一環で海外保険は最初からついているものが多く、これなら保険料ゼロで海外保険を利用できるでしょう。

ですが、保証内容や利用条件など、カードごとに違いがあって、必ずカード会社に内容を問い合わせてみましょう。

そしてフィリピンで留学が90日をけるようなことがあれば海外保険小原かけをしていくことで費用を安くできるでしょう。

海外保険や留学保険といった保険商品が保険代理店で販売されていますが、そうしたものはいろいろな詩保証が入ったセット商品になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

トップに戻る