セブ島の不動産、日本人の中でタウンハウスが熱い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島の不動産業界に乗り込むのなら、セブ島に土地を購入して、新しい家を建築してもらいましょう。
セブ島、つまりフィリピンでは今、若者の人口が増加していて、新しい物件を欲しがる人がたくさんいます。
また、経済的なインフレも起こっているため、お金を持っているフィリピン人が非常に多いです。
フィリピンは昔と比べて治安もよくなり、しかも経済的にも豊かな国になったので、自分の家を欲しがる人が多く存在しています。
セブ島で安く買った土地に、安く建てられる家を建てれば、あなたも立派な不動産会社の社長になるわけです。
作った一戸建てやマンションを貸し出して家賃を受け取るのもありですし、売却してしまうのも一つの手です。
日本では土地や物件が非常に高いので、不動産業界に乗り込むのは厳しいかもしれませんが、セブ島でなら新しい事業を始める事が出来そうです。

タウンハウスは安く購入する事が出来ますので、セブ島で不動産をやる為には必要な物件になると思います。
1つのタウンハウスを建てるのに約300万円ですので、1000万円あれば3つ建てられる事になります。
1000万円位なら、日本の不動産からしてみると、そうも高くない金額だと思いますし、これなら不動産屋をやってみたいと思う人が多いかもしれません。
今、セブ島では、タウンハウスの購入者のほとんどが日本人だという事が分かっています。
もちろん住むためではなく、投資目的としてセブ島の不動産購入が行われているわけです。
日本人の投資家たちがこぞって欲しがるセブ島の不動産情報はこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

トップに戻る