セブ島不動産でのトラブル回避の契約方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セブ島で不動産を行う時に注意しなくてはならないのは、外国籍で住宅を買う事が出来ないという事です。
もし自分の住宅を購入したいと思っているのなら、フィリピン人を名義人にして購入を行わなければなりません。
ただ、事業展開をするだけの目的で、マンションやアパートの購入を行う際には、フィリピンのパスポートを取得していれば不動産を獲得する事が出来ます。
日本人にも必ず悪い人はいますが、フィリピン人にも日本人を相手にした詐欺師もいますので、セブ島に住宅を買う際は、パートナー契約をする相手をしっかりと選んで不動産を購入した方が良いでしょう。
特に土地の契約に関しては、フィリピンではおおごとになりやすいので、不動産で住宅を購入して移住を決めるのなら、バカンスではなく、国籍を所有してからの移住を決める事をオススメします。

不動産の中でも、外国籍の人が手を出せる不動産は、分譲地しかありません。
名義人の名前は、その分譲地のオーナーとなりますので、分譲地を購入して不動産物件の貸し出しを行う分には、何の問題もなく事業を行っていく事が出来るでしょう。
フィリピンの審査委員会によって、土地の所有を認められた人だけが分譲地を獲得する権利をもらう事が出来ます。
権利をもらう事が出来れば、貸し出しを行っても売却を行っても文句は言われません。
契約の際ですが、証明書の発行が必要になりますので、証明書の取得と合わせて権利をもらう事を考えてください。
詳しいセブ島の不動産については、コチラのサイトを参考にしてください。

セブ島サポートファーストウェルネス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

トップに戻る